2008年2月19日 (火)

【Bloop回答】 今年の目標

みなさま、お久しぶりでございますw

Bloopって何だっけ??っというくらいのご無沙汰です。

まぁあれだ、色々あったってことでご勘弁をww

さて、ラルンさんからの出題で「今年の目標」ですが・・・

4月に転勤がありそうなので、それに向けた準備をすることと、娘もあと3年もすれば中学生なので、どこかに定住地を見つけること。

一所に落ち着けない商売なので、賃貸でも良いからマンションでも借りるかぁと思っています。

家を建てると全てが借金だし、メンテも大変だし、娘はいつか嫁に出るだろうし、その時家が邪魔になるかなぁと思うと、大都市にマンションを借りるのがベストなのかなと思う今日この頃ですw

まぁ、あとは今年に限ったことではないんですが、家族が笑って過ごせる家庭を維持すること・・・これは人生最大の目標ですね。

平々凡々が一番良いです。

あ・・・一つ忘れてた・・・LOTO6か宝くじ当てるぞ!!

| | コメント (53) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

【Bloop 出題】 珍しい人

かな~り遅れましたが、出題です。

「珍しい人」

何でこんなお題にしたかというと、職場にとても不思議な人がいるからです。

不思議って言うとアレなんですが、要するに苛つく変な人なんですね・・・。

何でこんな人達(実際複数人います・・・)が普通に職場にいられるのかが不思議ですが、確かに存在しているんですね・・・。

エピソード1

大先輩なんですが、私のしている仕事を教えなくてはならなくなった。

1日目・・・いきなりじゃ何なので、自分がやっている仕事を見せて覚えてもらい、次の日から一人でがんばってもらうことにした。(自分もそうだった)

2日目・・・それじゃぁ一人でやってくださいというと、まだできないから今日もあなたがやってと言われ、2日目も私がやった。

3日目・・・もう1日やってと言われた・・・キレた・・・私も自分の新しい仕事があるから、今後は自分で覚えてくださいと突き放した。

エピソード2

パソコンが分からないから、どうしたらいいのか教えてと言われ、教えることにした。

1回目・・・ファイルとかフォルダとか、コピーとかペーストとか、パソコンの基本操作そのものが一切分かっていないことが判明した。

仕方がないので細かく教えた。

2回目・・・1回目に教えたことをすっかり忘れていた・・・。パソコンは自分で使っていろいろやってみないと覚えませんよと良い、家にパソコンはないのですか?と尋ねると、あると言うので、じゃぁ家で使って勉強してくださいと言うと、帰ったら疲れてるし酒を飲んで寝るからやっている時間がないと言いやがった・・いえ・・おっしゃった・・・。

3回目・・・パソコンでファイルを作ったり入力したり、メールを送ったりしなければならない仕事なので、やり方を教えていると、分からないっと投げ出し、しまいには私にやってと言うのでまたキレた・・・。

結局ね、自分は仕事が出来るとは言いませんが、彼らの上司(私の上司でもあるんですが)も彼らに言っても出来ないと、初めから彼らに頼まずに私に頼んでくるんですね・・・。

その結果、業務負担が増え、そりゃお前の仕事だろうというものまでさせられるんですわ。

それで給料が上がれば良いんですけどねぇ・・・忙しくなっただけで利益はありませんw

周りの人は口々に言います・・・あそこまで無責任な人も珍しいよね・・・変な人というより、珍しい人だよね・・・。

この人達のエピソードは数え切れないほどあります。

ひょっとしたら、1冊の本が出来るかもしれませんw

まぁ、こんなことは珍しいことではないのかもしれませんが、あなたの近くにいる珍しい人、披露してください。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年3月28日 (水)

【Bloop回答】 ギャップ

今回の出題者は39さん

ギャップですか・・・。

一番のギャップは、こんなことをしている私が、実は立派なおじさんだってことでしょうか・・・。

もちろん、そのおじさんがウケテカードなんて作っているというのも、かなりのギャップでしょうねぇw

GAPとは・・・隙間、ズレ。

そう言えば、この間子供時代の話をしている時に、バター醤油ご飯のことを話したら、若い人はマジで知らなかったですねぇw

最近コンビニのおにぎりでも出るようになりましたが、当時はマジで美味かったw

もちろん今だって美味いですよ。

バター醤油ご飯に江戸むらさきの組み合わせは、もう絶品ですww

この話を聞いて分からなかったあなた!それこそがジェネレーションギャップですw

でもね、ある意味ギャップは必要ですよ。

ギャップから古きを知り、またその逆に新しきを知る。

みんなが同じことを知っていて、全くギャップのない世界なんて、面白くないじゃないですか。

みなさん歳を必死で誤魔化そうと(?)していますが、誤魔化そうとすればするほど、「私は結構おじさん、おばさんですよ~」っと白状しているような気が・・・・w

えぇ、私は誤魔化しても誤魔化しきれない、完全無欠のおじさんですww

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

【Bloop回答】 整理整頓

(ぐりさんと整理整頓・・・全く無防備だった・・・まさかぐりさんからこんなお題が出ようとは・・・恐ろしいことだ・・・地球滅亡の日も近いな・・・ヤマトを早く完成させなければ・・・)

っと人には見えない心の会話はこのくらいにして、放射能除去装置の話しですね。

ん?イスカンダル星とガミラス星が双子星だったという話しでしたっけ?

あぁ、整理整頓ね。

お題出題者はこちらからどうぞ。

ゴミ?ありますよ、我が家にもいっぱい。

はっきり言って、ぐりさんちよりひどいかもしれませんね。

アパート暮らしで引っ越しもちょくちょくあるから、常にいつでも荷物をまとめて夜逃げできるくらい整理整頓すべきなんだろうけど、そうはいかないんですよねぇ。

引っ越す時に荷物を整理して、不必要な物はどんどん捨てても、新天地でまた色々揃えているうちに、また荷物がいっぱいになる。その繰り返しですよ。

収納を工夫しろって?

収納スペースが見るからに足りないってのに、どーしろっていうんですかぃ奥さん。

そのうちやろ~っと思いながら既に数年経ってるなw

「一度、段ボール箱に捨てられない物を詰めてみて、1年以上1度も開けなかったらそのまま捨ててしまいなさい。」ってよく言いますよね。

確かに我が家にも、1年どころか何年も開けないまま存在し続けている段ボール箱が何箱もある。

まぁ、そのうち捨てるでしょうw

家の中も、片付けたそばから子供がちらかし、奥さん激怒というシーンを何度も見てますねw

個人的には、部屋の模様替えや掃除などは好きな方ですね。

若い頃は自分の部屋をちょこちょこ模様替えしてましたよ。

あとね、もう一つの整理整頓について。

それは、情報の整理整頓。

インターネットで何でも調べられる時代です。

でも、その情報をインターネットに乗せているのは人間です。

人間というのは情報の操作をすることが出来ます。

受け取る側がきちんと整理整頓をして、いるもの、いらないものに分けること、そして情報を手にした時にそこで終わらず、更にその信憑性について、自ら様々な方向から精査することが必要です。

時には反対の情報も調べてみることです。

整理整頓・・・家、部屋、知識、情報、体、いろんな整理整頓がありますが、確かな仕事や生活をしていく上では、身の回りが片付いていることって結構重要ですね。

以上、整理整頓についてでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

【Bloop回答】 私の愛読書

油断していたら、お題が出てて (; ̄ー ̄A アセアセ・・・

今回の出題者はCandyさんです。

お題は「私の愛読書」。こちらからどうぞ。

ほとんど読書をしないのに、このお題はかなりキツイ。

どうしましょ・・・・・・・・・・・・・・・。

そうですねぇ・・・「過去の・・・」を含めて考えマッスル。

Candyさんと同じく、やはりマンガですねぇ。

でも、若い時はショートショートにはまりましたよ。

ショートの神様「星 新一」のシリーズは結構読みましたね。

パソコン関係では、

  • DOS/V マガジン
  • ウィンドウズスタート(今はウィンドウズモードになってます)
  • 日経WinPC

を、主に読んでました。

Windowsやハードの知識は、ほぼここから得てました。

マンガでは、若い頃、近くに住んでいたいとこのお姉さんの影響もあって、少年マンガより少女マンガが好きでしたねぇw

  • 別冊マーガレット
  • りぼん
  • キャンディキャンディ
  • レディジョージィ

なんかが好きでした。

今は、もちろん少女マンガは読んでませんが、基本的にマンガは好きですね。

今読んでいるのは、月刊マガジンかな。

以前は週刊のマンガを何冊も買っていたのですが、お金がもったいないのでやめましたw

男性コミック誌の中にも、面白いマンガはたくさんありますね。

はまった(今でもはまってる?)のは、「サラリーマン金太郎」。

これは、現代のサラリーマンなら、あり得ないと思いつつも、かな~りはまる内容ですね。

私の場合、絵の稚拙なマンガはよほどのギャグマンガではない限り、あまり好みません。

多分マンガの好きな人には、自分の好む画風というものがあると思います。

例えば、「あ○ちみ○る」の作品は、キャラクターがみんな同じに見えるから嫌いだとか、劇画は嫌いとか、それぞれあると思うんですね。

最近はネット小説なるものが流行ですが、私は読まないですね。

多分良い作品もたくさんあるのだと思いますが、何となく生理的に受け付けません。

何となく、「私も~」「うん、そうそう~」っと、共感を持たせようとしているように見えてならないからです。

本から得る情報は、自分できちんと整理できない人が読むと、それは情報でも知識でもなく、いわゆる洗脳に近いものになってしまう。

最近のワイドショーなんかもそうですね。

テレビや新聞、雑誌などでコメンテーターやキャスターが、自分の考えをいかにも国民の声のように話し、鵜呑みにすることしかできない人たちが、一種の洗脳のように同じ方向へ考えを進めていく。

情報を整理し、きちんと振り分けて、流されず自分の意志で理解していく人になりたいものです。

っとまぁ、愛読書とは関係ない話しをしてしまいましたが、こんなところで勘弁してくださいw

あっ、ちなみに上記2つの「いがらしゆみこ」作品は、全巻ありますョ。

全巻といっても、何十冊ではないですけどねw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

【Bloop回答】 こんなラブベリはいかが?

今回のお題の出題者はこちら、

 にぎやか きーちゃん家

こんなラブベリはいかが?・・・・・ですねぇ・・・・・。

【バブル期のオシャレ魔女ステージ】

バブルステージが追加され、札束を扇子代わりに踊るラブとベリー。

どっちかというと、こんなラブベリはイヤだって感じ?

【スポンサーを見つけるステージ】

ダンスステージ前にナンパステージが追加、そこでナンパされた男のレベルによって、オシャレパワーのゲージに変化が出る。

危険な匂いの男を選んでも、お金持ってないかもw 会話から探ってパワーを吸い取るのねw

【隠れキャラが出現すると、ゲージが上がる】

得体の知れない生き物が、どこかのステージにちっちゃく登場する。

これを見つけて指で画面にタッチすると、きーちゃん推奨の王子様達に変身し、愛の言葉をささやいて消える。

出現した王子様によって、いけてる度にポイントプラス。

もちろん一番ポイントが高いのは、パパ王子だな・・・w

きりがないのでこの辺で・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月26日 (月)

【Bloop回答】 私の意外な一面

おぉ~い、出題サイクルが早いぞ~w

とか何とか言いながら、【私の意外な一面】ってことで・・・。

出題者はラルンさんで、記事URLはこちら↓

http://ralun.blog82.fc2.com/blog-entry-28.html

意外・・・思っていたことと実際が大きく食い違うこと・・・。

ところで皆さん、私をどんなおっさんだと思っているのでしょう?

自分で自分のことを考えると、意外性がまるで見えてきませんw

パソコン好きです。

細かい作業が好きです。

元フットボーラー(アメフトね)です。

炊事・洗濯・掃除・裁縫など、家事は全て出来ます。

家族を愛してます。

仕事は嫌いです(オィオィ)。

体育会系のくせに、おもちゃ屋さんに行くとワクワクしますw

ん~・・・マジで意外性が見あたらないぞw

っということで、これからのお付き合いの中で、私の意外な一面を見つけてください。

綺麗にまとまったな、うんうん!(^-^)

あっ!

意外な一面見つけた!!

「オヤジのくせに顔文字使うこと!!」

普通か・・・・・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

【Bloop回答】 私が愛するゲームたち

そう・・・コンピュータゲーム系で最初に出てくるのは、

「スペースインベーダー」(ふるっ・・)

いわゆるTVゲームというやつですが、1ゲーム100円で、あの頃はとても人に言えない方法で遊んでましたねぇ・・・。

そうこうしているうちに、パソコンが身近なものとなり、当時はどんなゲームもデータレコーダと言ってカセットテープからプログラムを読み込んでゲームをしていました。

ガンダムのアドベンチャーゲームが印象に残ってますねぇ。

しかしこれ、今のように選択方式じゃないんですよ・・。

直接文字を打ち込むんですが、例えば「部屋の中を探す」という行動をしたければ、「サガス ヘヤ」などと打ち込むわけです。

完全に単語が一致しないと先に進めません。しかも、変な単語を打ち込んでゲームオーバーになると、データレコーダからプログラムを読み込ませ、セーブしたデータの地点までジーッと待たなくてはいけないんですね・・・。

そして5インチフロッピーから3.5インチフロッピーへと移り変わり、CD、DVDと移行していったわけです。

その間にパソコンも劇的に変化していき、一度読み込めばいつでもどこからでもゲームを続けていけるようになりました。

もちろん、インターネットもかなりの変化を遂げていきました。

今のようにオンラインゲームが出来るなど、想像も出来ないほどの回線の遅さ・・・扱えるデータ量の少なさ・・・。

それにしても良い時代になったもんですww

まぁ、これまでの話を見てお分かりかと思いますが、パソコン歴「だけ」はなが~いんですねw

パソコンだけじゃなく、セガサターンやプレステやDSやWiiも買いましたよ、ハイ。

それではそろそろ、各ジャンル別に「私が愛したゲーム」をあげてみましょう。

と思ったんですが、これまでにいろんなジャンルのいろんなゲームをやってみましたが、最近やりこんで最終画面を見た記憶がない・・・。

でも、取りあえず面白かった、又は良い感じだったゲームをあげておきます。

  • RPG系は「ザナドゥ」「ハイドライド」「ウィザードリィ」「ウルティマ」
  • SLG系は「テーマパーク」「シムシティ」
  • PZL系は「倉庫番」「FLAPPY」「レミングス」

うわぁ、古くて懐かしすぎる名前ばかりだなww

書き始めるときりがなくなりそうなので、古いゲームはこの辺で・・・。

最近はまった、若しくははまっているのは、エイジオブエンパイアとかライズオブネイションとかのRTS(リアルタイムストラテジー)ですね。「ぐるみん」とか「ソニック」なんかのアクション系も面白かったですよ。

年齢と共に、ゲームの好みも変わってきているような気がしますし、子供と一緒に出来る(見る)ゲームもやるようになったかなぁ。

オンラインでは「パンヤ」とか「シルクロード」なんかをたま~にやってますね。

と言うわけで、なんとも結論が出ない結果になってしまいましたが、いかがでしょう?

お題の出題者、HINAさんの記事はこちら、

http://loveandberry.net/hina/2007/02/bloop_1.html

| | コメント (7) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

Bloop 生活雑感